スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

FUJIサポートライダー 田近郁美 2位入賞!

 2009-08-07
8月2日に開催されたMTBジャパンシリーズJ 白馬さのさか(UCI-3)XCO#5 女子クロスカントリー(20.8km)において、FUJIのサポートライダー田近郁美選手が2位に入賞しました。本人よりレポートが届いていますので、転載させて頂きます。


『スノーハープでジャパンシリーズが行われるのは初めて。どんなコースになるのか、楽しみだった。

2週間前の全日本選手権で、納得のいく走りができず、そのままずるずる引きずってしまいそうだったが、厳しい言葉、あたたかい言葉のお陰で、気持ちを切り替え練習できた。

今回は一人での参戦。不安もあったが、事前に試走した選手にコースの事など教えてもらえたので、準備はバッチリで向かう事ができた。

前日、時々小雨の降る中試走していると、路面や泥に振り回されている。下りなどで、周りの選手がスムーズに走っていく中、自分は遅れていった。やばい。今回も厳しい戦いになるな、と思った。試走後は、いつもはやってもらってる自転車の整備をなんとか済ませ、レースに備えた。

当日の朝、雨。会場に到着し、長靴でコースを見に行った。路面は昨日より荒れていて、試走してる選手を見ると、かなり走りづらそう。きつい下りは、たくさんの人が歩いたので、とても自転車に乗って下れそうな状態ではなかった。迷わず、走るしかないなぁと思った。

アップを済ませ、発表されてた時間と実際の時間が違い、少しドタバタしたが、問題なくスタートラインに立った。仲間が傘をさし、静かに応援してくれた。スタートしてから、どこ走るんだっけ。確認するように、5分前にスタートしてるクラスの選手を目で追った。

雨の中スタート。みんな飛び出した。少し遅れて周りを見ながら走っていたが、くだりに入るときは3番目だった。シングルやクロスカントリーのコースを走り、スタート地点のあるグランドに戻り、別のエリアへコースは続いていた。気づけば2番目。いつもより落ち着いてる自分がいた。

きつい登りで1位の選手の姿が見えた。途中まで自転車に乗って登っていた。私は、下から走っていた。登りきり、シングルの下りに入る手前で自転車を降り、走った。朝見たときより荒れていて走りにくい。が、気づけば、1位の選手に追いついた。さすが山猿!と自分で思いながら走っていると、どんなふうだったか覚えていないが、前に出た。あれトップだ。しかし、トップを走ったのはわずかで、自転車に乗るとあっという間に抜き返され、先に行ってしまった。

頑張って走るが、どんどん離されている。アナウンスでトップのラップが上がってると聞こえた。
雨もあがり、自転車に乗って走れる部分が増えていっていたのだ。自転車を押して走ってる区間は負けてなかったが、自転車に乗るとトップには離され、後続にも追いつかれる可能性が。路面の変化に気をつけ、乗れる区間、押す区間を判断し走った。

最終周、アナウンスと応援の声で、3位の選手にかなり追いつかれてることがわかった。実際、長い登りで押していると、姿が見え、すぐそこだった。負けたくない。下りは、山猿パワーで自転車を押して駆け抜けた。そして、最後の登り。精一杯、力一杯、踏ん張った。

グランドに入ると、かなり追いつかれていたけど、逃げ切れる距離だとわかった。長い戦いだったけど、この日は長く感じなかった。ゴール。やった。嬉しかった。そして、もっと速く走れるようになりたいと思った。

色んな方に支えていただき、助けていただき、応援していただけ、やっぱり一人では戦えないと感じた。たくさんの方に力をいただけ、ありがたいです。あがとうございました。まだまだ何が起こるかわかりません。また、目標に向けやっていきます。

お疲れさまでした。これからもよろしくお願いします。』


写真入りのレポートは田近郁美選手本人のブログに掲載されています。
FUJI JAPANでは先日より、サポートライダーの活動に関するウェブサイトをスタートさせました。是非ご覧下さい。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoytheride.blog17.fc2.com/tb.php/236-16566990
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
月別アーカイブ

最近の記事

プロフィール

Marketing Manager

Author:Marketing Manager
世界中のサイクリストから愛されるイタリアの老舗ブランドCOLNAGO(コルナゴ)、日本で誕生し100年以上の歴史を持つブランドFUJI(フジ)、Sports Folding BikeブランドDAHON(ダホン)、高品質且つ環境志向のハイクラスな製品群をお届けしている新しい Sports Folding Bike ブランドTern Bicyclesなどについてお知らせしています。
お問い合わせはコチラからどうぞ。

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。