KESTREL:2014年ニューモデルラインナップのお知らせ

 2013-09-17
かつての未来が、ここにある。

あの時センセーショナルだったものが、今は当たり前になっているというのはよくあることだ。今からおよそ30年前の1986年、私たちは世界初となる量産型フルモノコックカーボンフレームバイク「4000」を発表、その翌年から市場に投入した。そして、立て続けにフルカーボンMTB「MX-Z」、シートチューブを持たないTTバイクの名機「KM40」など、当時はまだ珍しかったカーボンマテリアルを駆使した様々なチャレンジが、ニュージェネレーションの心を捉えて時代を席巻した。やがて、それは二度のIRONMANワールドチャンピオンバイクという栄光に結実する。

時代は変わり、モノコックカーボンバイクが氾濫する今、私たちが挑戦し続けてきた革新は普遍的なものへと変化したのか。いや、そうではない。私たちがこだわり続けてきた進化とは、目を引くデザインだけではなく、バイクとの対話による技術革新だった。それは似て非なるものへの執着とも言えるかもしれない。コマーシャリズムに傾倒せず、手間隙を惜しまず作り出す最良の機材を手に入れやすい価格で提供し、一人でも多くの強いアスリートを輩出することへのこだわり。それは、かつて未知なるオンロードレースの世界へ果敢に挑戦したアメリカンイノベーターが夢見た、栄光ある未来へのかけがえのない想いからだった。グランツールを駆け抜けるその夢が現実のものとなった今でも、私たちは挑戦し続ける。

KESTRELを超えられるのは、KESTRELだけだ。


20130917kestrel00.jpg

※車体画像はクリックで拡大します。


ROAD
KESTRELは、グランツールという最高のステージで幾度となくオンロードレースの経験を積んできた。そこから得られたアルゴリズムにより私たちが導き出したロードバイクの理想型、それがLEGEND。アスリートがロードレースに求める優れた剛性と軽さを高次元で実現し、ステージレースで必要とされるエレメントを集約させたKESTRELのフラッグシップロード。一方で、広範囲にわたってシート角のポジショニングが可能なエアロロードバイクTALONは、TT仕様へのカスタムも可能にするハイブリッドジオメトリーを採用。ロードレースからショートレンジのトライアスロンまで、活躍の場が広がる次世代ロードマシン。

LEGEND - SL
妥協なきパフォーマンスをライダーに与えるべく開 発された。フレーム素材にはハイモジュラスカーボンをブレンドし軽量かつ高弾性な特徴は、ヒルクライムやスプリントレースで威力を発揮。クイックなハンドリングは乗り手の思うがままの操作を可能にする。しっかり踏み込んでもパワー負けしない剛性は加速を生み出し、スピード感に酔いしれるであろう。
Features
 Sizes :48cm, 51cm, 53cm, 55cm
 Color(s):Matt Carbon
 フレームセット ¥270,000(税別)

20130917kestrel01_LEGEND_SL_294.jpg

LEGEND - 105
KESTREL独自の2つのカーボン素材を適材適所に盛り込むこ とで、LEGEND SLよりはマイルドな乗り味へと変化。クイックなハンドリングはそのままに、緩やかにラウンドしたシートステイは地面からの突き上げを抑え、ダウンチューブからシートステイへのボリュームはライダーのパワーを推進力へと変換する。
Features
 Sizes :48cm, 51cm, 53cm, 55cm
 Color(s):Matt Carbon / Red
 完成車 ¥260,000(税別)

20130917kestrel02_LEGEND_105_295.jpg

TALON ROAD - 105
エアロ形状のロードバイクという位置づけだけでなく、シート角が72度~78度までポジション変更が可能なことから前乗り仕様のTTポジションもセッティングが可能。ダウンチューブとBB周りの剛性が高く、安定感がありスピードの乗った後の高速巡航性に優れる。
Features
 Sizes :48cm, 52cm, 55cm
 Color(s):Matt Black
 完成車 ¥230,000(税別)

20130917kestrel03_TALON_ROAD_105_313.jpg


TRIATHLON
風洞実験で数十通りもの角度からの緻密な測定をおこない、究極のエアロダイナミクスを獲得した4000。それはアッセンブルされるパーツ一つ一つの選定にまで及ぶ。理想的なフォルムを導き出した後の走行テストでは、 数千キロに及ぶマシンとの対話を経て、フレームのパートごとに最も適したカーボンレイヤーをチョイスする。それはスピードへの追求だけでなく、20%のパワーセーブをライダーにもたらす究極のTTバイクの創出へと繋がった。それは、まるで遥かなるコナの大地を駆け抜けることのみを想定したかのような、まさに己と戦うアスリートのマシン。

4000 - Di2
幾度となく繰り返された風洞実験とトップアスリートからのフィードバックにより生み出され、KESTRELの代名詞的存在であったシートチューブレスモデルAIRFOILから進化。3大ツールで実戦投入された実績のあるフレーム。シマノDi2電動専用。
Features
 Sizes:50cm, 52.5cm, 55cm
 Colo(r s):Matt Silver / White
 フレームセット ¥280,000(税別)

20130917kestrel04_4000_Di2_321.jpg

4000 - ULTEGRA
幾度となく繰り返された風洞実験とトップアスリートからのフィードバックにより生み出され、KESTRELの代名詞的存在であったシートチューブレスモデルAIRFOILから進化。3大ツールで実戦投入された実績のあるモデル。メカニカル専用設計。
Features
 Sizes :50cm, 52.5cm, 55cm
 Color(s):Matt Carbon
 完成車 ¥370,000(税別)

20130917kestrel05_4000_ULTEGRA_320.jpg

※掲載されている製品のカラー、仕様、価格は都合により予告なく変更されることがあります。
※製品の色は画像のため、実際の色と若干異なる場合があります。
ケストレルオフィシャルサイトの2014年版リニューアルは9月下旬を予定しています。

FUJI / KESTREL【OSAKA CYCLE TOUR】ブース出展のお知らせ

 2012-03-13
3月18日(日)開催の大阪サイクルイベント『OSAKA CYCLE TOUR』。咲洲~夢洲~舞洲を巡る往復約30kmコースや咲洲を巡る約10kmコースを走る事前申し込みのサイクリングのほか、そのスタート・ゴール地点となるインテックス大阪6号館Aでは『サイクルフェスタ』を開催、様々なブランドの試乗会をはじめとする楽しめるイベントがたくさん用意されています(入場無料)。

20120313OCT_title.jpg

FUJIブースではロードバイク、ジュニアロードバイク、クロスバイク、ミニベロ、シングルスピードのほか、KESTRELのトライアスロンバイクも試乗車としてご用意するとともに、LASヘルメット、LINTAMANシューズの試着会も開催致します。お気軽にFUJIブースにお立ち寄り下さい。

試乗車は以下の通りです。

FUJI / Road
 ・ALTAMIRA1.0 47cm Carbon/Yellow
 ・BARRACUDA 52cm Matte Black/Red
FUJI / Junior-Road
 ・ACE 24 Red/Blue
FUJI / Cross-Bike
 ・ABSOLUTE S 17” Olive Green
FUJI / Mini Velo
 ・COMET R 52cm Venus Beige
FUJI / Single Speed
 ・FEATHER CX 43cm Aurora White

KESTREL / Triathlon Bike
 ・4000 LIMITED EDITION - DURA ACE Di2 50cm Carbon/Orange
 ・AIRFOIL PRO SL 52cm Carbon/Black
 ・TALON TRI - 105 48cm Carbon/White


ALTAMIRA1.0 Carbon/Yellow
2011シーズンにイタリアのGEOX TMCがこのバイクでジロ・デ・イタリアを激走したことも記憶に新しいFUJIのフラッグシップバイク。大口径ダウンチューブと極細シートステーのコントラストは、奇を衒うものではなく走りを追求した賜物。振動吸収性を高い次元で確保しながらペダルに込める力を余すことなく推進力へと変えてゆく。テーパー形状の下辺1-1/2ヘッドチューブ、BB-86、そして圧倒的な軽量性(860g/Lサイズ)が山岳コースでその力を如何なく発揮する。2012モデルは蛍光イエローにマットフィニッシュというメリハリの利いた好配色。そして完成車はトータルカラーコーディネートで存在感が際立つ。
20120313OCT01_ALTAMIRA10.jpg

BARRACUDA Matte Black/Red
スタイリッシュなフォルムとカラーリングに身を包む「バラクーダ」。国内レースで数々の戦歴を残しているフレーム素材A-6 SL アルミニウムを採用。その独特な粘り感や軽さから高レスポンスでしなやかな加速感、走行フィーリングを体感できる。国内のロードレースにフォーカスしたクイックなハンドリングとアグレッシブな走行性能は、己より大きな獲物に食らいつくオニカマスのように荒々しくレースシーンを疾走する。BARRACUDAシリーズの中核を担うミドルモデル。RRと同様のフレームスペックを備えながら、バランスの取れたマイルドな乗り味が特徴。2012モデルカラーに新たにハイポリッシュゴールドを加えバリエーションも広がる。BARRACUDAシリーズのライトモデルでありながら、ストリートロードの醍醐味を十分に味わえる本格的モデルスペック。
20120313OCT02_BARRACUDA.jpg

ACE 24 Red/Blue
キッズバイクと言えどもその走りは本格派。シマノ製ドライブトレーン採用、そして子供の小さな手でも簡単にシフトチェンジが行えるパドルシフトを採用。操作性と安全性を両立した設計でジュニアライダーのアグレッシブな走りを全面バックアップ。
20120313OCT03_ACE24.jpg

ABSOLUTE S Olive Green
もはや定番となったカラフルなクロスバイクのパイオニアが装いを新たにモデルチェンジ。これまで展開のなかった新色が追加され、さらに街に彩りを与えるバイクとなった。普通のクロスバイクには満足が出来ない人に贈る最新最良のクロスバイク。
20120313OCT04_ABSOLUTE_S.jpg

COMET R Venus Beige
FUJIらしい小径車を! というコンセプトで始まったCOMETプロジェクト。フラットバーモデルも新たに追加され更にCOMETワールドが広がった。個性を大切にする貴方に乗って欲しい、本気で作ったクロモリミニベロ。
20120313OCT05_COMET_R.jpg

FEATHER CX Aurora White
シングルスピードブームの火付け役フェザーにシクロクロスモデルが仲間入り。高い走破性でロケーションを選ばない万能バイク。ノスタルジックなドレスアップにもチャレンジできるクラシカルテイストな外観も魅力的。多段化にも対応のドロップアウトを採用。
20120313OCT06_FEATHER_CX.jpg

4000 LIMITED EDITION - DURA ACE Di2 Carbon/Orange
2010年に新たにデビューしたフラッグシップモデル。2011年GEOX-TMCチームが実戦で使用。フレーム素材は最高峰の800Kカーボン素材を使用。軽量かつ高弾性が特徴で、より速くより快適性を求めるライダーの欲求を満たす。
20120313OCT07_4000LTD.jpg

AIRFOIL PRO SL Carbon/Black
多くのIRONMAN勝者を生み出してきたKESTRELのアイデンテティであるシートチューブレスモデル。風の抵抗を抑え低いスタックハイトのフレーム形状により優れたエアロ効果を生み出す。
20120313OCT08_AIRFOIL_PRO_SL.jpg

TALON TRI - 105 Carbon/White
KESTRELのエントリーグレードに位置するモデル。風洞実験を繰り返し洗練されたフレーム形状、700K/800Kのブレンドカーボン素材を使用することでマイルドな乗り味がロングディスタンスのレースシーンで威力を発揮。 シマノ 105モデル。
20120313OCT09_TALON105.jpg

Happy birthday Ernesto!!

 2012-02-10
世界中のサイクリストから愛されるブランド「COLNAGO」を一代で築き上げたエルネスト・コルナゴ。昨日、2012年2月9日にめでたく満80歳を迎えました。

20120209colnago1.jpg

エルネストの80歳の誕生日を記念したバイク C59 Ottanta(イタリア語で「80」の意) も発表。なんと世界限定80台のみとなります。日本での発売も予定されておりますので、今後の情報にご注目下さい。細部に至るまで全てがスペシャルな仕様となっています。

20120209colnago2.jpg

COLNAGO「funride」掲載のお知らせ

 2012-02-06
1月20日に発売された雑誌「funride」2012年2月号(アールビーズ)において、COLNAGO EPQ が紹介されていますので、お知らせ致します。

掲載は、P.15からの特集「いま手に入る レーシングスピリッツを宿したバイクたち」内。2012年ラインナップのフラグシップモデルC59に次ぐ位置付けとして、いかにもプロ専用という硬さのC59と対比させて紹介されています。
20120206epq.jpg
路面情報を的確にライダーへ伝える反応の良さは変わらず、先代EPS にQ2シートステイを採用しラグジュアリーなバイクへと進化。C59同様のラグ製法にこだわり、職人の手作業により生まれたフレームは、走りはもちろんの事、そのシルエットは見る者もうならせる丁寧な仕上がりです。

20120206epq2.jpg

カラーはMTBK(マットブラック)、PR82(サロンニ)、PR99(ホワイト)の3色、サイズは450S / 480S / 500S / 520S / 520 / 530 / 550 / 570。頑なにラグ組みにこだわるコルナゴの自信作。EPQの詳細はこちらからご覧下さい。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
月別アーカイブ

最近の記事

プロフィール

Marketing Manager

Author:Marketing Manager
世界中のサイクリストから愛されるイタリアの老舗ブランドCOLNAGO(コルナゴ)、日本で誕生し100年以上の歴史を持つブランドFUJI(フジ)、Sports Folding BikeブランドDAHON(ダホン)、高品質且つ環境志向のハイクラスな製品群をお届けしている新しい Sports Folding Bike ブランドTern Bicyclesなどについてお知らせしています。
お問い合わせはコチラからどうぞ。

カテゴリー